10回REG部会記念講演会開催案内(第3報)
Reproduction technology / Embryo manipulation
Gene recombination


 今年は10周年記念講演会として、会場と時間が例年と異なります。ご注意ください。

 本会は部会員、本協会会員、さらには非会員の方々も自由に参加していただける講演会です。
 ご興味のある方はお気軽にご参加下さい。

 ------------------------------------------------------------------------------
 開催日:2008年11月22日(土) 10:00-17:40
 場  所:明治大学駿河台校舎リバティタワー 8階1083教室 (JR御茶ノ水駅から徒歩5分)
 参加費:実技協会員は1,000円、非会員は2,000円を当日徴収します(参加登録必要なし)。
      ※100食限定でお弁当を無料配布します。受付時に受付順で引換券をお渡しします。
      参加者多数の場合にはご容赦ください。なお、大学の食堂(17F)もご利用可能です。
 懇親会:参加費は一律4,000円です。立食形式ですので、お気軽にこちらもご参加下さい。

 タイムテーブル:
 第I部 生殖・発生工学の基礎と応用
 10:10-10:50  1.生殖工学技術(Reproduction technology)
     <体外受精など胚作出から保存・個体化、およびその応用技術について>
                                         中務 胞 (潟gランスジェニック)
 10:50-11:30  2.胚操作技術(Embryo manipulation) 
     <精子・遺伝子・ES細胞注入、核移植など発生工学技術について>
                                         安齋 政幸 (近畿大学)
 11:40-12:20  3.遺伝子組換え技術(Gene recombination)
     <TG、KO/KI動物の作出、CreやBACなどを利用した新たな研究手法について>
                                         高橋 利一 (潟tェニックスバイオ)

 第II部 施設および業務紹介
 12:40-13:00  1.ビデオ上映:理研BRCの施設紹介
 13:00-13:25  2.マウス系統の起源と理研BRCの紹介              目加田 和之
 13:25-13:50  3.マウスクリニック(表現型・遺伝子型解析サービス)の紹介   金田 秀貴

 第III部 教育講演
 14:00-14:50  1.卵子と卵巣組織の凍結保存 ―超急速ガラス化保存法による新展開―
                                        香川 則子 (加藤レディスクリニック)
 14:50-15:40  2.卵巣の機能と排卵調節
                                        渡辺 元  (東京農工大学)
 16:00-16:50  3.精子形成と受精の機構
                                        柏原 真一 (筑波大学)
 16:50-17:40  4.幹細胞研究の現状と今後 -マウス、ウサギ、そしてヒト医療へ-
                                        本多 新 (理化学研究所)

 18:00-20:00   懇親会

                        会 場 案 内 図
       


 問い合せ先: 持田慶司 (独)理化学研究所 バイオリソースセンター遺伝工学基盤技術室
          E-mail: jmochida@rtc.riken.jp  TEL: 029-836-9169  FAX: 029-836-9172


(C) 2008 日本実験動物技術者協会 関東支部