12回REG部会開催案内(第3報)
Reproduction technology, Embryo manipulation and Gene recombination

本会は部会員、本協会会員、さらには非会員の方々も自由に参加していただける講演会です。ご興味のある方がいましたら、是非お誘い下さいますようお願いいたします。
----------------------------------------------------------------------

  開催日:2010年11月13日(土) 13001730
   場 所:順天堂大学医学部 (JR御茶ノ水駅) 10号館1Fカンファレンスルーム1(105号室)
   参加費:実技協会員は無料、非会員は抄録代として500円を当日徴収いたします。
        なお、事前参加登録は必要ありません。当日、直接会場で受付いたします。
    懇親会:参加費は一律2,000円です。皆さんご参加下さい。
 
タイムテーブル:
13:05-13:25 施設・研究室紹介 「生殖・発生工学関連の業務および施設の紹介
                     ○吉田裕作  日本エスエルシー㈱

13:25-13:45 一般演題 「マウス精子凍結における保存容器の影響と最適条件の検討」 
                    ○長谷川歩未、持田慶司 (理研BRC)

13:45-14:05 一般演題 「マウスの喰殺に関する研究 -3年間のまとめ- 」 
                    ○新妻大介 (㈱サイエンス・サービス、放射線医学総合研究所)

14:05-14:45 特別講演I ナショナルバイオリソースプロジェクト-『ラット』の紹介
                       滝澤 明子 (京都大学

15:00-15:50 教育講演 「生殖幹細胞の樹立と利用について
                        李 知英 (東京医科歯科大学)

16:00-1620 一般演題 「実験小動物における未受精卵の超低温保存
          藤原克祥、柏崎直巳 (麻布大学)

16:20-1640 一般演題 「ラット精子顕微注入卵の発生能改善
                     中内千乃、柏崎直巳 (麻布大学)

16:40-17:20
 特別講演II マウスC57BL/6J精子における凍結傷害とその改善研究
                        
西園 啓文 (富山大学











                        
 問い合せ先: 持田慶司 (独)理化学研究所 バイオリソースセンター遺伝工学基盤技術室
          E-mail: jmochida@rtc.riken.jp  TEL: 029-836-9169  FAX: 029-836-9172

(C) 2010 日本実験動物技術者協会 関東支部