第16回REG部会講演会 開催案内

Reproductive technology, Embryo manipulation and Gene recombination

 

本会は部会員、本協会会員、さらには非会員の方々も自由に参加していただける講演会です。

ご興味のある方がいましたら、是非お誘い合わせの上ご参加下さいますようお願いいたします。

(詳細確認および事前登録は関東支部HPをご利用下さい http://www.jaeat-kanto.jp/ )


       開催日: 2014118日(土) 13001745

場 所:  順天堂大学医学部 (JR御茶ノ水駅) 10号館1Fカンファレンスルーム1(105号室)

※ 事前登録を10月末日までにHPにてお済ませください(10月上旬より受付開始予定)。

※ 今年は講演要旨集を配布致しません。事前登録後、各自ダウンロードして当日持参ください。

参加費: 実技協会員は無料、非会員は1000円を当日徴収いたします。

懇親会: 会員、非会員共に2,000円を当日徴収いたします。できるだけ、全員ご参加下さい。

タイムテーブル:

13:05-13:25 施設紹介:「理研BSIの動物実験施設および支援業務の紹介」    

伊藤菜美子1、渡辺香1、田辺有里2、伊藤亜未2、辻亜希子1、荒井高1、高橋英機1 

1理研脳科学総合研究センター 動物資源開発支援ユニット、 2()ケー・エー・シー)

 

13:25-13:50 一般演題1 「マウス胚移植における三種混合麻酔薬の検討」 

高梨-矢延 理絵子1、後藤 元人2、岡村 匡史1 

 (1国立国際医療研究センター研究所 動物実験施設、2実験動物中央研究所)

 

13:50-14:15 一般演題2 「水素分子による精子運動性の改善について」 

野田義博1 中田 久美子2,3 遠藤 玉夫1 山下 直樹3 大澤 郁朗2  

 (東京都健康長寿医療センター研究所 1実験動物施設、2生体環境応答、

3山下湘南夢クリニック高度生殖医療研究所)

 

14:20-15:10 特別講演1 「ミトコンドリア異質性の遺伝について」 

設楽浩志    (東京都医学総合研究所 基盤技術研究センター)

 

15:25-15:50 一般演題3 「異種マウスESテトラプロイドキメラの作製と応用」 

長尾恭光1、戸塚義和2、堀居拓郎3、守谷尚倫1、小薬清美1、畑田出穂3、徳永智也4

花園豊1、國田智1、今井裕5、遠藤仁司1  (1自治医科大学、2()フェニックスバイオ、

3群馬大学、4(独)農業生物資源研究所、5京都大学) 

 

15:50-16:40 特別講演2 「日本マウスクリニックおける各近交系統の表現型解析について」

鈴木智広   (理研バイオリソースセンター マウス表現型解析開発チーム)

 

16:50-17:40 教育講演  「Sox17ヘテロ不全と疾患モデル動物としての応用」 

金井正美    (東京医科歯科大学 実験動物センター)

   17:50-19:30 懇親会(地下食堂にて)



  会場
                             





 


問い合せ先:                   

    持田 慶司         

()理化学研究所 バイオリソースセンター

E-mail: mochida@rtc.riken.jp TEL029-836-9169

   当日、事前受付を行いますが、なるべく11月5日までに事前申し込みをお願い致します。
                                                  参加申し込み


<問い合わせ先>

持田 慶司  () 理化学研究所 バイオリソースセンター 遺伝工学基盤技術室

TEL: 029-836-9169   FAX: 029-836-9172  E-mail : jmochida@rtc.riken.jp


(C) 2010 日本実験動物技術者協会 関東支部