第257回 本部共催 実験動物実技講習会募集要項(疾病)
実験動物の感染症と検査および微生物クリーニング
-消毒薬による適切な施設維持とその構築について-
-第二報-


 国内外の多くの機関で遺伝子改変動物の作製と、それらの動物が各施設間での授受が盛んに行われています。しかし動物の微生物学的品質には問題がある場合が多く、トラブルも報告されています。今回の講習会においては施設汚染時および施設維持のための有効な消毒薬の使い方をはじめ、微生物検査ならびに微生物クリーニングについての講義・実習を企画しました。

  ---------------------------------------------------------------------------

    講 師:(財)実験動物中央研究所  高倉 彰  先生
                          林元 展人 先生
                          小倉 智幸 先生

    開催日:9月8日(金)-9日(土)

    場 所:麻布大学(8号館2階 8205実習室)
         神奈川県相模原市淵野辺1-17-71(JR横浜線矢部駅下車 徒歩5分)
         TEL:042-754-7111(内272)

    講習内容:
    【講義】                 【実習】
    消毒薬について             感染動物を含めた解剖・培養・診断
    主要感染症              帝王切開・里仔法
    微生物検査法             消毒薬の効果の判定
    異常動物発見から対応
    微生物クリーニング
    微生物モニタリング

    定  員:20名

    参加資格:本協会 会員(会員以外の参加も可能)
    講習会費:20,000円(一般会員及び賛助会費を納めている組織の非会員)
           26,000円(非会員)

    申し込み方法:住所・氏名・所属(勤務先)・連絡先電話番号を必ず明記の上
             「実技講習会(疾病)参加希望」と記入して、下記問い合わせ先まで
             e-mail・FAXまたはハガキにて送付してください。

    問い合わせ先:〒307-0001 茨城県結城市結城9511-4
             バイエルクロップサイエンス(株)結城中央研究所
             安全性評価グループ 佐竹 聖人
             e-mail:kiyoto.satake@bayercropscience.com
             TEL:0296-33-8866 FAX:0296-33-1975

    申し込み締め切り:2006年8月11日(金)
               先着順で定員に達し次第、締め切らせていただきます。
               受付の可否は追ってお知らせします。

    共   催  日本実験動物技術者協会
            日本実験動物技術者協会関東支部
    協   力  麻布大学
            (財)実験動物中央研究所
            日本チャールス・リバー(株)
            バイエルクロップサイエンス(株)






(C) 2008 日本実験動物技術者協会 関東支部