平成30年度日本実験動物技術者協会関東支部総会
44回懇話会のお知らせ

<<<< プログラム >>>>
◆ 開会の辞
 第44回懇話会大会長 野田 義博 地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター


◆ 一般演題(口頭発表)
 ニオイばく露による行動変化における加齢の影響
 北條 理恵子1、田中 かおり2、相原 由花3、川村 三香4、小池 光博4、繪内 理絵4、冨沢 冬喜子4、
 三浦 信彦1
 1独立行政法人労働者健康安全機構労働安全衛生総合研究所、2産業安全行動分析学研究会、
 3ホリスティックケアプロフェッショナルスクール、4株式会社アニマルケア

 精油のニオイ刺激がラットの記憶・学習機能に与える影響 単回ばく露・FR5スケジュール下での検討 
 田中 かおり1、相原 由花1、三浦 信彦2、川村 三香3、小池 光博3、繪内 理絵3、冨沢 冬喜子3、
 北條 理恵子2
 1ホリスティックケアプロフェッショナルスクール、2独立行政法人労働者健康安全機構労働安全衛生総合研究所
 3株式会社アニマルケア

 ラットの麻酔感受性に対する性周期差の影響
 安達 明1、伊藤 智2、猪股 智夫2、白井 明志1、塚本 篤士2
 1麻布大学獣医学部薬理学研究室、2麻布大学獣医学部実験動物学研究室

 弱酸性次亜塩素酸水溶液の環境・体表に対する消毒効果
 半田 紀子、栗田 瑞希、伊藤 昌紀、宮澤 和志、和久井 亨、五十嵐 かほり、伊藤 拓哉、國田 智
 自治医科大学先端医療技術開発センター

 コモンマーモセットの無菌化技術の検討
 岡原 則夫1、井上 貴史1、佐藤 賢哉1、黒滝 陽子1、植野 昌未1、野津 量子1、小倉 智幸1、水澤 卓馬1、
 何 裕遥1、高橋 利一1、林元 展人1、本田 賢也2、佐々木 えりか2
 1公益財団法人実験動物中央研究所、2慶應義塾大学医学部


◆ ランチョンセミナー・懇話会協賛企業展示
 動物実験を支える最先端技術 ~実験器材を作る技術者の挑戦~
 会場:コンファレンスルーム 木星
 器材製作における技術者視点の重要性
   伊藤 由広 (ハムリー株式会社)
 あったらいいな を製品化
   藤澤 修平 (株式会社夏目製作所)
 マウス用超小型ヘッドマウントデバイスの開発
   早川 武 (バイオリサーチセンター株式会社)
 実験動物飼育施設における防臭と臭活用の戦略
   佐久間 健治 (オリエンタル技研工業株式会社)


◆ 平成30年度関東支部総会


◆ 特別講演 ①
 先端医療研究における医学研究者からみた、技術者の貢献
 武部 貴則
 国立大学法人 東京医科歯科大学 総合研究機構


◆ 特別講演 ②
 製薬企業における食品科学研究者からみた、技術者の貢献
 池田 泰隆
 大塚製薬株式会社 佐賀栄養製品研究所


◆ 特別講演 ③
 老化研究における老年医学研究者からみた、技術者の貢献
 石神 昭人
 地方独立行政法人 東京都健康長寿医療センター 研究所 老化制御研究チーム


◆ 技術者の立場から
 実験動物技術者が支える生命科学研究

 野田 義博
 地方独立行政法人 東京都健康長寿医療センター 研究所 実験動物施設


◆ 閉会の辞
 関東支部支部長 江藤 智生 公益財団法人 実験動物中央研究所


◆ イブニングセミナー・情報交換会
 会場:コンファレンスルーム 木星
 <オリエンタル酵母工業株式会社協賛>
   宇宙におけるマウス飼育装置用飼料について

     三上 隼人 (オリエンタル酵母工業株式会社)
 <ネッパジーン株式会社協賛 生殖工学特別セッション>
   NEPA21を用いたエレクトロポレーション法によるマウスゲノム編集

     綾部 信哉 (理化学研究所 バイオリソース研究センター 実験動物開発室)

 ※イブニングセミナーへの参加には情報交換会への参加が必要です。

 <情報交換会・関東支部協賛企業展示>
 会場:コンファレンスルーム 木星






登録期間:平成30年9月10日~平成30年11月20日

                         
 平成30年12月28日まで延長しました
                          平成31年1月31日まで延長しました



登録期間:平成30年9月10日~平成30年11月20日
                          
平成30年12月28日まで延長しました
              ※演題登録を行われる際には、事前登録もお願い致します。



懇話会協賛、広告掲載のご案内、ランチョンセミナーの
                  協賛ご案内についてお知らせ致します。


CGI

(C) 日本実験動物技術者協会 関東支部