本部共催 実験動物実技講習会募集要項
実験動物の感染症と検査および微生物クリーニング
-消毒薬による適切な施設維持とその構築について-
-最終-


定員に達しました。


 国内外の多くの機関で遺伝子改変動物の作製と、それらの動物が各施設間での授受が盛んに行われています。しかし動物の微生物学的品質には問題がある場合が多く、トラブルも報告されています。今回の講習会においては、施設汚染時および施設維持のための有効な消毒薬の使い方、微生物検査ならびに微生物クリーニング、また、主要感染症や近年注目されている感染症などについて講義・実習を企画しました。

 講  師:(公財)実験動物中央研究所  高倉 彰   先生
                         林元 展人 先生

                          
 保田 昌彦 先生
                            上迫 努   先生

                             亀田 周子   先生

 開 催 日:20121026()27()
 場  所:(公財)実験動物中央研究所

     
 神奈川県川崎市川崎区殿町3丁目25番12号
      (京急電鉄大師線小島新田駅下車 徒歩15分)

     


 講習内容:
      【講義】                   【実習】
      ・消毒薬について             ・感染動物を含めた解剖・培養・診断
      ・主要感染症              ・出産抑制、帝王切開、里仔法
      ・微生物検査法             ・消毒薬の効果の判定
      ・異常動物発見から対応
      ・微生物クリーニング
      ・微生物モニタリング

 定   員:15名
 
  講習会費:20,000円(一般会員及び賛助会費を納めている組織の非会員)
         30,000円(非会員)

 申し込み方法:
  「参加申し込み」をクリックして、申し込みフォームに必要事項をご記入下さい。
          参加申し込み
 
 募集期間:20129月14日(金)まで延長
     先着順で定員に達し次第、締め切らせていただきます。受付の可否は追って
        お知らせします。




 問合せ先:(公財) 実験動物中央研究所 
江藤 智生
                        〒210-0821 川崎市川崎区殿町3丁目2512
                        TEL 044-201-8545 FAX 044-751-8810
                    E-mail etoh@ciea.or.jp
 
  主催  日本実験動物技術者協会 関東支部
  共催   日本実験動物技術者協会
  協力  (公財)実験動物中央研究所
       日本クレア(株)
       日本チャールス・リバー(株)



 
(C) 2010 日本実験動物技術者協会 関東支部