平成18年度日本実験動物技術者協会関東支部総会
および第32回懇話会のお知らせ


 今年の懇話会は皆様からのご協力をいただき、多くの一般演題を集めることができました。関東支部としては初めてのポスター発表やランチョンセミナーなどを取り入れ、豊富な話題提供を行いたいと考えております。是非、周囲の方にも声を掛け合い、お誘い合わせの上ご参加をお願い致します。
----------------------------------------------------------------------------

   テーマ: 「実験動物技術者の現在とこれから」
   開催日:2007年2月17日(土)
   会 場:(独)国立オリンピック記念青少年総合センター
        国際交流棟内、国際会議室 (東京都渋谷区代々木)
   参加費:会員3,000円、非会員5,000円、学生2,000円 
   大会長:持田慶司((独)理化学研究所 バイオリソースセンター) 
   内 容:
   【特別講演I】 「生命システム理解のための動物実験と実験技術者の役割」
       城石 俊彦 先生 (国立遺伝学研究所 系統生物研究センター)

   【特別講演II】 「独創性と創造性への第一歩:クローンマウスを創るにはナニが必要?」
       若山 照彦 先生 (理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター)

   【教育講演】 「実験用動物としてのゼブラフィッシュ」                   
       岡本 仁 先生   (理化学研究所 脳科学総合研究センター)

   【ランチョンセミナー】 『バイオリソース(マウス)の生産と供給』  
        「繁殖・生産体制について」 日本クレア(株)
       「疾患モデル動物の特色と供給体制について」 日本チャールス・リバー(株)
       「受託生産および受託試験について」 日本エスエルシー(株)
        
   【一般演題発表】  
     ・ 口頭発表(10題)
     ・ ポスター発表(27題)

   【平成18年度関東支部総会】

   【懇親会】  参加費 3,500円(会員・非会員一律)
     ・ 本部40周年記念技術者表彰受賞者の紹介
     ・ ベストポスター賞の発表と表彰

   ※ 懇話会へはノーネクタイ、カジュアルな服装でお越し下さい。
     スタッフも軽装で対応致しますので、ご理解とご協力をお願い致します。


   《タイムスケジュール》














   《参加者へのご案内》

   ◆ ランチョンセミナー
     ・ どなたでもご参加いただけます。
     ・ 当日の朝、先着順にてお弁当を無料配布するための引換券をお渡し致します。
     ・ お弁当の数に限りがありますので、希望される方は早いうちにお申し込み下さい。
   ◆ ポスター発表
     ・ 各セッションごとに座長(司会)が付き、演題順に、プレゼンテーション(説明)3分、質疑応答2分
      の合計5分でご発表いただきます。
     ・ フリーディスカッションも含めて活発な意見交換をお願い致します。
     ・ 参加者の投票により、ベストポスター賞(1名)を選出して表彰致します。
   ◆ 懇親会
     ・ポスター会場と同じ場所で行います。ポスターを眺めながらご歓談下さい。
     ・ベストポスター賞の発表・表彰および本部40周年記念技術者表彰受賞者の紹介を予定して
      おります。


   懇話会事務局:  〒305-0074 茨城県つくば市高野台3−1−1
              (独)理化学研究所 バイオリソースセンター 遺伝工学基盤技術室
               持田慶司 宛
              E-mail: mochida@rtc.riken.jp
              TEL:029-836-9169 FAX:029-836-9172

                       




(C) 2008 日本実験動物技術者協会 関東支部